買取店の方が査定額が高い傾向にある理由

新車購入のために自分の車を売却する際に、ディーラーにそのまま下取りに出すか、買取専門店に出すかで迷われるかと思います。
それではどちらの方が査定額が高いかといえば、やはり買取専門店の方が上回るケースがほとんどです。
もちろん新車の値引き事情によって例外的に査定額が上がることもある下取りですが、結局のところ得をすることは難しいでしょう。
こういった事情を除けば、下取りより買取店の方が査定額が高いことが多いです。
ではなぜ、買取店の査定が高い傾向にあるのでしょうか?その大きな理由は、買取店は大量の車両を中古車市場に流しているからです。
どういうことかというと、それだけ買取専門店の方が中古車販売網を把握しているため、買い取った車を低コストで中古車として売却する術を持っているということがいえるのです。
当然新車ディーラーにそのような技術も、それを持ち合わせる必要性も全くないのですから、新車ディーラーより買取専門店の方が査定額を高く設定することが可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、万が一ディーラーによる査定額と、買取専門店による査定額がほとんど同じだった場合は、新車ディーラーに下取りに出すほうが、それだけ手間とコストが省けるので良いでしょう。